おすすめ記事

離婚を理由にした中国資産家の株売却、市場規制当局が締め付け

記事を要約すると以下のとおり。

中国で資産家の離婚件数増加を受け、投資家の間では株式の大量売却が市場に与える影響に懸念が高まっており、証券監督当局が締め付けに動いている。
ただ離婚した元配偶者らは最近まで、少なくともその2倍の株売却が可能だった。
証監会は誰を標的にしているか詳しく踏み込んでいないが、ブルームバーグは上場企業の大株主が離婚を理由にすべきではないと7月に警告していた。
 ナティクシスのシニアエコノミスト、ゲーリー・ウン氏(香港在勤)は、「株式相場を下支えしようというハイレベルの要請が強まっているのは明らかで、離婚を口実に株を売却し続けるなら、その企業への長期的コミットメントの欠如を示すことになると述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 離婚を理由にした中国資産家の株売却、市場規制当局が締め付け

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう