おすすめ記事

2月は主要資産が総崩れ、1月の好調から反転-利上げ長期化観測で

記事を要約すると以下のとおり。

2月は、インフレ鈍化と金利低下を見込む取引は見当違いだということが判明し、投資家があらゆる資産を売り込んだ。
米国債とS&P500種株価指数は約2.5%安だった。
 原因は予想よりも力強い経済指標だ。
 PGIMフィクスト・インカムのマルチセクター・ポートフォリオ・マネジャー、リンゼー・ロスナー氏は「「利上げ長期化の現実が追いつきつつあると指摘。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 2月は主要資産が総崩れ、1月の好調から反転-利上げ長期化観測で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう