おすすめ記事

ECBタカ派が相次ぎ警告、秋にさらなる利上げ必要な可能性

記事を要約すると以下のとおり。

ドイツ連邦銀行のナーゲル総裁をはじめとした欧州中央銀行(ECB)政策委員会のタカ派が16日、ECBは秋まで利上げを続けなければならないかもしれないと警告した。
 ECBは15日に中銀預金金利を3.5%に引き上げ、ラガルド総裁は7月下旬の次回会合で再び利上げを行う「公算が極めて大きい」と言明した。
ECBは15日公表した経済予測でインフレ見通しを若干引き上げた。
 ユーロ圏のコアインフレ率は6.1%。
高止まりしているコアインフレ率が鍵だと強調した。
ECBの引き締めバイアス、ユーロ圏のインフレ抑制に必要-IMF  16日に続いたタカ派的な論調を押し戻す動きも見られた。
 それでも大半の声は、2回以上の利上げに向けた地ならしだった。
 シムカス・リトアニア中銀総裁は16日のブログ投稿で、「ECBの利上げは恐らくまだ終わっていないとの考えを示した。」
「ユーロ圏の物価上昇率がECB目標である2%を明らかに上回る状態が1年以上続くと予想されるためだ」と説明。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ECBタカ派が相次ぎ警告、秋にさらなる利上げ必要な可能性

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう