おすすめ記事

ECBピーク金利、市場は3.75%を完全に織り込む-理事がタカ派発言

記事を要約すると以下のとおり。

17日の短期金融市場で欧州中央銀行(ECB)の予想ピーク金利が上昇し、ドイツ国債も売られている。
年内利下げ見通しも後退し、昨年12月半ば以来の低い確率となった。
  原題:TradersFullyPrice3.75%(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ECBピーク金利、市場は3.75%を完全に織り込む-理事がタカ派発言

Twitterでの意見

𝙣𝙖𝙣𝙖𝙬𝙖𝙧𝙖𝙞
英中銀、住宅市場の崩壊懸念も-ピーク金利6%未満とブルーベイ想定
yuk2
英中銀、住宅市場の崩壊懸念も-ピーク金利6%未満とブルーベイ想定 - Bloomberg ●年末の政策金利が6.25%になるとの見通しを短期金融市場は織り込み ●「金融危機とスタグフレーションを結果的に招くだろう」とCIO https://…
fugasan
ブルーベイ!ブルーベイやないか! 生きとったんかワレェ 英中銀、住宅市場の崩壊懸念も-ピーク金利6%未満とブルーベイ想定 より
光毅証券(こうきしょうけん)
世界株の時価総額、23年上期1割増 ピークの8割回復 ①日本株の時価総額の上昇率は主要市場で首位。日経平均株価は昨年末比27%高、約33年ぶりの高値に ②景気見通しの改善を伴う株高であれば通常、国債は売られ、金利は上昇する。今回は景気後退懸念が残り、マネーは国債にも
ワラ
英中銀総裁、ピーク金利は市場予想以上の水準・期間になる可能性も
Shania🎸トレード
*英金融市場、英中銀ピーク金利到達まで"少なとも合計100bpの追加利上げ"を織り込み
タナゴ大好き
ナーゲル独連銀総裁(元祖タカ派) 労働市場の逼迫は持続的なインフレ圧力につながる可能性がある 金利はまだピークに達していない インフレが抑制されるまでピークを長期間時事する
fugasan
ナーゲル独連銀総裁 「金利はまだ十分に引き上がっていない」 「インフレはまだピークに達しておらず、インフレ脱却までピークを維持する必要」 「タイトな労働市場はインフレ圧力を持続させる可能性」 【要人発言】独連銀総裁「金利はまだ十分に引き上がっていない」
lexus
【要人発言】 ナーゲル独連銀総裁 「金利はまだ十分に引き上がっていない」 「インフレはまだピークに達しておらず、インフレ脱却までピークを維持する必要」 「タイトな労働市場はインフレ圧力を持続させる可能性」
kiokio19777
ナーゲル独連銀総裁 「金利はまだ十分に引き上がっていない」 「インフレはまだピークに達しておらず、インフレ脱却までピークを維持する必要」 「タイトな労働市場はインフレ圧力を持続させる可能性」 FX FXTF
たちば7🦖個人投資家
→再び、FRBと市場の見通しに相違 今後の政策金利の注目点は? 今後政策金利パスを占うのは ・個人消費と労働市場注目 パンデミックス以降 →蓄積された超過貯蓄取り崩しの推移 →2020年春からの現金給付等から →本来のトレンド上回る →だが2.1兆$をピークに5千億$程に減少
うつねこ
➜S&P500は昨年10月の安値から2割超上昇 ➜「政策金利のピークアウトは株高要因」との経験則 ➜市場は今年の減益を経た来年の増益転換を意識
イズハク@
市場の金利予想は今がピークで、来年1月に利下げへ。
てらす証券アドバイザーズ株式会社【公式】
【要人発言】 ビルロワデガロー仏中銀総裁🇫🇷 金利市場もボラティリティーはやや過剰 データ依存であって、見通しに依存すべきではない 金融政策は機能しており、インフレはピークに達している 基調的インフレ圧力が緩和しているいくつかの兆候ある フランス インフレ
イチゴ大福
●S&P500は昨年10月の安値から2割超上昇 ●「政策金利のピークアウトは株高要因」との経験則 ●市場は今年の減益を経た来年の増益転換を意識 米国株は「強気相場入り」を確認:来年の業績回復を視野に

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう