おすすめ記事

FRBの利回り上昇容認姿勢、米経済の「軟着陸」を危険にさらす

記事を要約すると以下のとおり。

米金融当局は長期金利が2007年以来の高水準に上昇している現状を暗に容認していると見受けられる。
 フェデレーテッド・ハーミーズのシニアポートフォリオマネジャー、RJ・ギャロ氏は「最終的には、フィードバック効果によって、ハードランディングに見舞われるとの懸念が浮上し始める」との見方を示した。
    米金融当局者はこれまでのところ、長期金利の上昇に抵抗する姿勢をあまり示していない。
 現在はパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の世界経済アドバイザーであるクラリダ氏は、利回り上昇を受けたもので、パウエルFRB議長が従来想定より金利を高い水準に引き上げる可能性に言及したこともその契機となった。
他の逆風  米経済が恐らくリセッション(景気後退)入りの瀬戸際にあるとみている。
  実質金利  エコノミストや投資家を困惑させているのは、当局者が実質金利についての姿勢を巡る金融当局の混乱したメッセージも一因に挙げる。
 そして、双方の違いは金融政策の将来的な道筋を決める上で極めて重要となる可能性がある。
 一方、クリーブランド連銀のメスター総裁は3日、「実質金利は必ずしも現在のインフレ率の鈍化も伴わなければ、自動的にフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジ引き下げにはつながらないことを意味する。」
その上で、債券利回りが既に上昇している環境では、「基本的には市場にさらなる押し上げのお墨付きを与えるだけだとの考えを示した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FRBの利回り上昇容認姿勢、米経済の「軟着陸」を危険にさらす

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう