おすすめ記事

SECの「ワッツアップ」調査、新たに16社が民事制裁金支払いに同意

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦当局の調査で金融16社の従業員が個人アカウントのテキストメッセージをビジネス目的で使用したことが新たに判明し、これら企業は合計8100万ドル(約121億円)余りの民事制裁金を支払うことに同意した。
グッゲンハイムは1500万ドルをそれぞれ支払う。
 これら投資顧問会社とブローカー・ディーラーは違反を認め、コンプライアンス方針とその手続きを改善することに同意したと、SECは説明した。
 ハンティントン・インベストメントとその関連会社は、不正行為を自己申告し捜査に協力したことで制裁金を125万ドルに減額されたと、SECは強調した。
 グッゲンハイムはコメントを控えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース SECの「ワッツアップ」調査、新たに16社が民事制裁金支払いに同意

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう