おすすめ記事

30年債が下落、入札控え高値警戒感-日銀の早期修正観測の後退が支え

記事を要約すると以下のとおり。

11日の債券相場は、12日に入札を控える30年債が高値警戒感から売られている。
    植田和男総裁が2023年12月25日に行った講演やその後のNHKとのインタビュー、年明けの能登半島地震などを受けて、日銀の早期政策修正観測は大きく後退している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 30年債が下落、入札控え高値警戒感-日銀の早期修正観測の後退が支え

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう