おすすめ記事

ヘッジファンドのブルーベイ、米国・日本・イタリアの国債をショート

記事を要約すると以下のとおり。

世界の主要市場での債券値下がりを見越した取引が2022年に奏功したブルーベイ・アセット・マネジメントのファンドは今年も、次の債券売りに賭けている。
 同氏はインタビューで「市場が米連邦準備制度のハト派姿勢を織り込む勢いは速過ぎだったと思う。」
同ファンドの22年リターンはプラス19%強と、モーニングスター・ダイレクトがデータを集める欧州籍のファンドとしては最良だった。
スペインが30日に発表した1月の消費者物価統計はインフレが予想外に加速したことを示し、こうしたリスクを浮き彫りにした。
 ブラックロックやフィデリティ・インベストメンツなど他の資産運用会社も、米国のインフレとピーク金利を投資家が過小評価-米欧の大手運用会社が警鐘  23年はこれまでのところ、大勢に従った投資が利益を出している。
投資適格債を対象とするブルームバーグ世界総合指数は1月に3%上昇と、同月として過去最良のパフォーマンスとなっており、22年の16%下落を幾らか取り戻した。
 新興国市場ではブラジルと南アフリカ共和国について「政治的不安定にもかかわらず利回りが低下する余地がある」との見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンドのブルーベイ、米国・日本・イタリアの国債をショート

Twitterでの意見

濱谷宗慎🔔🌎🧹🗣
✅2023年1月31日 ロンドンを本拠とするヘッジファンドのブルーベイが運用する4億1600万ドル(約540億円)規模のマクロファンド「グローバル・ソブリン・オポチュニティーズ・ファンド」は米国と日本、イタリア国債をショート(売り持ち)としている。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう